扁桃腺

プロポリスと扁桃腺の関係性

喉の痛みは扁桃腺の腫れが原因で起こることがあります。
痛みを和らげる方法としてのど飴を口に含むことが挙げられます。
その飴の中で「プロポリス入り」と表示されている製品の購入経験がある方もいらっしゃる事と思います。
実はこのプロポリス、扁桃腺炎の症状に対して大きな働きを持っているのです。

プロポリスは、のど飴の成分に使用されているだけではなく健康食品としても販売されています。
元々はミツバチが巣を作る際に用いる樹脂製混合物の事を言い、化粧品やヘアスプレーの材料、バイオリンのつや出しに使用されてきましたが怪我や病気に対して効果がある事が発見されてからは、サプリメントやシャンプー、歯みがき粉等の健康関連商品として登場するようになりました。   

扁桃腺炎は、あごの上に存在する扁桃腺が炎症を起こす事により発熱・頭痛・喉の痛みといった症状が発生します。
また、1年間に数回発症する場合は慢性扁桃炎と呼ばれています。
慢性扁桃炎に悩まされる大人は、数多くいらっしゃいます。

扁桃腺炎の症状は、プロポリスの効果の1つである抗菌・殺菌作用によって和らげることができます。
使用方法は、液体を扁桃腺へ直に数滴足らす、スプレータイプを喉に吹き付ける等があります。
尚、扁桃腺へ直接足らす場合、液体の濃度が高いと喉がしみることがあるので水や甘い飲み物に薄めて服用する方が良いでしょう。

プロポリスは副作用が少ない点が特徴でこれまで健康食品、医薬品等を服用した経験から副作用について心配されている方にも比較的利用しやすい成分となっています。
しかし、万が一利用していて体調に異変を感じた場合は直に中止しお医者様に相談しましょう。

プロポリスの持つ抗菌・殺菌効果は、扁桃腺炎による喉の痛みを和らげる手段として有効です。
1年間に何度も発症する慢性であれば服用し続けることで喉の粘膜の状態を整えて炎症しにくい体質へ変えていくことも可能です。
更に、プロポリスには美容効果と発毛促進作用があるので、今回の治療をきっかけに石鹸、歯磨き粉等の商品の利用を始める事も良いかもしれません。